SiteMap

Update Post

ベビーリングをオススメする理由と活用法

私がベビーリングを知ったのは小学生の時でした。おめかしをして出かける時や、親戚の結婚式など大切な場面で、母親がネックレスにして着けてくれていました。女の子ということもあり、大切なものを身につけて出かけられることがとても嬉しかったのを覚えています。大人になって改めて見ると、親の愛情を感じられました。このように、ベビーリングには、生まれた時の喜びや愛情を伝えることのできるツールであり、親にとっては大切な思い出になります。そんなベビーリングですが、そもそもの由来はなんなのでしょうか?様々な説があるようですが、一番有名なのは、ヨーロッパに伝わる銀のスプーンの言い伝えです。
ヨーロッパでは昔から、「銀のスプーンをくわえて生まれてきた子は幸せになる」という言い伝えがあります。それが次第に変化していき、現在では出産祝いなどで銀の小物をプレゼントするようになったと言われています。親から送る銀のベビーリングには、「この子を危険から守り、幸せがたくさん訪れますように」という意味も込められているのです。お子さんが成人を迎える時に、ベビーリングの由来について話を添えながら、ここまで成長してくれてありがとうとプレゼントしてあげるのも、愛情がさらに伝わっていいかもしれませんね。

オーダーメイドで作るベビーリング

大切な赤ちゃんの健康や幸多い人生を願って最初に贈られるジュエリーがベビーリングになります。なのでできれば一生の記念になるような物を選ぶ必要がありますが、その時にはオーダーメイドで作ってしまう事が良いとされています。例えば既製品のデザインと言う物は当たり障りのない無難なデザインになっている事が多く、それ自体が記念品とは言えオリジナリティはやや低いものになります。また人気の高いベビーリングは友人からの出産祝いで贈られるケースもありますので、自分が購入した物と同じベビーリングを贈られる可能性もあります。なので、世界に一つだけのベビーリングを作って赤ちゃんに贈ることが最もメリットが大きくなると言えます。さらに、ベビーリングをオーダーメイドする事は他のメリットもあります。
そのメリットとは両親の気持ちなどを刻印する事ができる点で、このメリットは子供が成長した場合でも大きなポイントになります。例えば生まれてきてくれた事に対する感謝の気持ちやなどを刻印しておけば、子供が成人した時などに改めてその時の気持ちを思い出せるようになります。なので、ベビーリングは既製品を購入するよりもオーダーメイドした方がメリットが多いとされています。

ベビーリングは既製品かオーダーメイドか

ベビーリングを赤ちゃんに贈る場合、主な選択肢は既製品を購入するかオーダーメイドするかになります。ただこれはそれぞれにメリットとデメリットがありますので、どちらを選ぶかは個人個人によって変わってきます。まず既製品を購入する場合ですが、この場合は比較的安い金額で購入できる点と完成品を購入できると言う事がメリットになります。実物を見て購入できますので自分のイメージと近い物を選べるようになっていますし、注文して作るよりも安い金額で買えるようになっています。しかし既製品はデザインが無難な物になっていますので、世界に一つだけのベビーリングを贈りたいと考えている方には適していないと言えます。次にオーダーメイドした場合ですが、こちらは自分の希望通りのデザインで作れる点がメリットになります。
例えば双子が産まれた場合などは二つを合わせると一つのデザインになるようなベビーリングも作れますし、子供の名前をアレンジしたデザインなども良い記念になるとされています。ただ、オーダーメイドと言う性質上完成に時間がかかってしまいます。また既製品よりも高額になる傾向が見られますので、予算的な問題も発生しやすくなっています。